30代の会社員でもJCBザクラスを獲得できる方法【実体験紹介】 | モチのブラックカードが欲しい!

30代の会社員でもJCBザクラスを獲得できる方法【実体験紹介】

今回はJCBザクラスのインビテーションを獲得された普通の30代の会社員の方の取得情報を詳しく教えていただきましたのでご紹介したいと思います。

JCBザクラス新デザイン

ブラックカードのイメージとして「経営者や医師や弁護士、特別な収入がある人」をイメージしがちですが、モチ(@mochinet1)も含め普通の人でも獲得できる、目指すことができると言うことがよくわかる例になっているはずです。

JCBゴールドやプラチナを発行して数年利用するとこんな招待が届く可能性はありますよ!

<<JCBプラチナ公式へ>>

<<JCBゴールドカード公式へ>>

ではご紹介

30代会社員でJCBザクラスインビテーション獲得例

お世話になります。 もしブログか動画のネタになればと思いDMさせていただきました。

先日ご報告した通りこの度JCBザクラスのインビテーションをいただき無事審査に通りました

私のような低属性でも審査に通ったということがクラスを目指している方の何かモチベーションになればと思います。

属性について

30代前半 会社員  既婚 妻と二人暮らし 持ち家(ローン支払いなし) メインの年収400万程度、妻のパート150万円程度、他には株や仮想通貨等利確したもの、知人と行っている副業での利益がありますが、JCBへの届出はメインの400万円のみです。

貯蓄額もJCB側には申告していません。

また現在の仕事は1月から入社しましたので継続年数1年未満です。

JCB歴 6年

2017年 JCBゴールド発行 JCBプラチナ申し込み→否決

2018年 JCBプラチナ申し込み→可決

2022年 JCBザクラスインビ→可決

利用金額について ロイヤルαは一度も達成したことがありません

2017年から2021年までは年100万以上200万円未満、今年は250万円ほど。

トータル1000万円はおそらく達成していないはずです。

枠について JCBゴールド発行時に150万円でした。

JCBプラチナの審査に通った際も枠は変わらず温情発行だったようです。

JCBプラチナを5年使っても枠は上がりませんでした。

今回JCBザクラスにアップグレードとなり150万円からいきなり350万円にアップしました。

保有中の他社カード ANA一般カード・アメックスグリーン・エポスゴールド・ゴールドカードセゾン・Amazonマスターですが、カードの利用について払えるものはJCBプラチナで決済しています。

普段はApple PayでのQUICPay支払いがメイン。

QUICPayが使えない場合はd払い。

電子マネーが使えない場合はカードを出します。

それでもダメならマスターカードか現金です。

コンビニ、ドラッグストア、ホームセンター、飲食店、ガソリンスタンド、Amazonなどの決済はできる限りJCBプラチナで支払いしました。

元々物欲が少なく物は多く買わないので利用金額は少ないものの決済の回数は家族カード含め相当多いと思います。

他携帯電話、光熱費、生命保険なども全てJCBでの支払いです。

その他 MyJCBのキャンペーンは参加できるものは極力参加、カレンダーも毎年発送希望、JCBのトッピング保険の加入、アンケートに回答などJCB愛は強くその点は少しでも評価いただけたのかなと思っています。

JCBで貯まったポイントの使い道ですが、妻がディズニー好きということもあり東京ディズニーリゾートパークチケットに交換をしています。

もちろんディズニーリゾート内でもQUICPayまたはJCBプラチナで決済しています。

そもそも夫婦でJCBカードをメインにするきっかけになったのもディズニーリゾートパークチケットへ交換ができるからでした。

私はクレジットカードのポイント還元率にあまり興味がなく勝手に貯まったポイントを商品券などに交換しても楽しみがないので理想の交換先です。

ご存知の通りJCBはディズニーリゾートのメインスポンサーですのでその点も何かしらの影響があったのなら嬉しいことです。

以上よろしくお願いします

 

 

今回、JCBTheClassのインビが来て無事審査通りました

入会から4期かかりましたが皆様のブログなど参考にさせていただいてました。ありがとうございました。

今後の他の方々のご参考になればと思いまして、もしよければ利用状況などご提供できればと思いました

最短ではなかったですが、巷で言われている累計1,000万や2年連続ロイヤルαには及びませんでしたので、決済額以外の要素の参考になればと思います。

参考になりましたら幸甚です

30代前半、会社員

2019年:プラチナ入会、年100万+α

2020年:年100万+α

2021年:年200万+α

2022年:年300万+α

→4年間の累計決済額800万程度

その他、査定に影響しそうな要素

<プラス要素?>

ケータイ、インフラ、ふるさと納税、マイナポイントなどは全部JCB ・100均やコンビニでもQuickPayを利用し、決済回数は月100回程度

<マイナス要素?>

夜のお店でも利用

<その他>

事業用決済には利用せず。せいぜい数万円/回の会食費や旅費程度 ・高級ブランドや貴金属類なども買ってません

30代の会社員で普通のカード利用でもザクラス獲得の可能性はある

このように今回は30代会社員の2名の方に詳しくJCBザクラスの取得経緯を伺うことができました。

どちらの方にも共通して言えることは

  • 年間決済額が全てじゃない(300万円利用のロイヤルαPLUS未達や単年でもOK)
  • 普段からJCBカードをメインカードとして決済を集中している
  • いただいた情報からJCB愛が伝わってくる(笑)

と言うことがわかりました。

ぜひ参考に修行されてみてください。

JCBザクラスを目指すなら

これからJCBザクラスを目指す!って方はJCBプラチナかゴールドを発行しましょう。

<<JCBプラチナ公式へ>>

<<JCBゴールドカード公式へ>>

コツコツ利用で最高峰カードゲットできるかも

コメント

タイトルとURLをコピーしました