三井住友カードNLと一般カードの違いを徹底比較

三井住友カードNL(ナンバーレス)が登場してしばらく経ちますが、

NLと一般カードの違いって具体的にどこ?」「一般カードってどうなってるの?」

ってことがモチ(@mochinet1)は気になってきましたw

どちらも持っていますが正直

「一般カードを使う時が無い」とお考えの方も居られるかもしれませんのでNLと一般カードの違いを分かり易く比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

三井住友カードNLと一般カードの違いを比較

まずは基本情報を眺めてみましょう

三井住友カードNL(ナンバーレス)一般カード
申し込み対象18才以上で安定収入がある方18才以上で安定収入がある方
年会費永年無料1,375円初年度無料
家族カード年会費永年無料初年度無料以降440円
ETCカード無料発行無料発行
電子マネー対応iD AllpePay GooglePayiD ApplePay GooglePay
カード一体型iD
旅行傷害保険海外:最高2,000万円(利用付帯)海外:最高2,000万円(利用付帯、自動付帯は死亡・後遺障害300万円)
ショッピング補償なし年間100万円
ポイント制度Vポイント
基本還元率0.5%
コンビニ・マクドナルド利用時最高還元5%
Vポイント
基本還元率0.5%
利用可能枠〜100万円〜100万円
リボ・分割利用枠〜100万円〜100万円
カード情報ナンバーレス
カード番号はアプリ確認
カード裏面にカード番号あり
国際ブランドVISA/MastercardVISA/Mastercard

<<三井住友カードNL公式サイトへ>>

<<三井住友一般カード公式サイトへ>>

一番違うのはカード番号の有無

カードの名前にもなっているNL(ナンバーレス)かどうかが一番大きな違いですよね。

三井住友カードNLと一般カードの違い

上がNL(ナンバーレス)カードで、下が一般カードです。

一般カードには表にもカード利用者の名前が表記されています。

裏面です!

裏面の違い

上のナンバーレスはシンプル!

黄色いアンダーラインはローマ字での名前の表記です。

一般カードは赤枠のカード番号やセキュリティコードがしっかりと表示されています。

他の違いは海外ATMでのキャッシング時のcirrusマーク(VISAはplusマーク)がNLには無いことです。

これらはマスターカードブランドのデザインですが、VISAブランドの一般カードはこんな感じです

三井住友VISA一般カード裏面

カード番号が4段並びです。

年会費が違う

NLは三井住友カード初の年会費永年無料カードとして登場しました!

一般カードは初年度年会費無料ですが、翌年からは1,375円の年会費がかかります。

一般カードの年会費割引方法

2年目から1,375円かかる一般カードの年会費ですが、条件を達成すると割引や無料になります。

その条件が

  • WEB明細の利用・・・550円に
  • 「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがある・・・翌年無料
  • 年間100〜300万円利用・・・半額
  • 年間300万円以上利用・・・翌年無料

これらの年会費優遇適応方法がありますよ。

家族カード発行費用が違う

NLは家族カード発行無料で、もちろん年会費も無料で利用可能です。家族であれば人数も問いません

一般カードは家族カード1枚目初年度年会費無料で、翌年からは家族カード3回以上の利用で年会費無料です。利用が2回以下の場合は440円の年会費がかかります。

2枚目以降は440円の年会費がかかります。

電子マネー対応比較

どちらのカードも電子マネー利用に対応していますが唯一違う点は

NLカードはカード自体にiD決済機能は搭載できません。

カードを出してiD決済をかざして利用はできないのです。

一般カードはカード自体にiD決済を搭載することが可能です。

スマホでのiD決済はどちらも可能ですが、スマホの充電が切れた時に違いが出るかも。

保険の比較

これも違いがありました。

傷害旅行保険

どちらのカードも海外旅行での傷害死亡・後遺傷害時は最高2,000万円までの補償がありますが、NLは完全にカードで旅行の代金を支払うことが条件の利用付帯です。

それに対し一般カードは自動付帯で300万円つきます。

ショッピング補償

NLカードはショッピング補償なし一般カードは年間100万円までのお買い物安心保険付きです!

小さなお子さんが壊してしまいそうなものや、高級なものを購入する場合は一般カードですね。

※一部補償の対象とならない商品・損害がございます。
※海外でのご利用および国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)のご利用のみ対象。

ポイント付与の違い

一番分かりやすい違いだと思いますが

NLはVISAタッチとMasterCardコンタクトレス(NFCコンタクトレス決済)が利用できるコンビニ(現在はセブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)とマクドナルドでのカード利用で

最大5%のポイント還元があります。

コンビニとマクドで5%還元

対する一般カードはこのコンビニではどの決済方法を利用しても2.5%還元となっています。

コンビニとマクドナルド以外のポイント付与に関してはどちらのカードも同じとなっています。

三井住友カードNLと一般カードの違いをまとめると

三井住友カードNLは年会費永遠無料でコンビニとマクドナルドではかなり特典を発揮できるカードとして利用するのが一番望ましいです。

家電製品や高級品、コンビニ以外でのお買い物ではショッピング補償が付いている一般カードが安心度が高いですし、海外旅行時にも自動付帯があるのはいいですよね。

一見同じようなクレジットカードに思いがちですが、ナンバーレスな部分だけでなくカードの基本性能にも少しずつ違いがあることがわかります。

人気のある三井住友カード、NL(ナンバーレス)か一般カードはどちらも保有しておき、利用用途で分けるというのが賢い使い方じゃ無いかなと思います。

<<三井住友カードNL公式サイトへ>>

<<三井住友一般カード公式サイトへ>>

今ならどちらのカードも最大5,000円分相当のポイントがもらえますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました