ヤフーカードはVISAかMasterかJCBどの国際ブランド?メリットとデメリットを比較

ヤフーカードを作るときにどの国際ブランド(VISAかMasterCaedかJCB)のクレジットカードにすればいいか悩んでいる方!

普段メインでJCBカードを使っているモチ(@mochinet1)が正直にどれがいいかをぶっちゃけさせてもらいますので参考になったら幸いです。

PayPayへのチャージのためだったり、Yahoo!ショッピングやPayPayモールなどでのお買い物が多い場合はヤフーカードを使うとかなりポイント還元がたくさん受けられますよね。

そもそもソフトバンクスマホを使っている方なら年会費無料なので持っていて損はないカードだと思います。

このクレジットカードを作ってTポイント貯めまくるぞ!還元受けるぞ!ってことですがどの国際ブランドのカードにしたら一番いいのでしょうか

ちなみにソフトバンクユーザーで以前ソフトバンクカード(お任せチャージ機能付き)を持っていたモチは自動的にこのヤフーカードを手に入れることができ、現在もpaypayチャージに利用してます。

ヤフーカード

ちなみにVISAブランドです。

スポンサーリンク

ヤフーカードは国際ブランドが選べる

Yahoo!japanカードは国際ブランドを次の3つから選ぶ必要があります。

  • VISA
  • MasterCaed
  • JCB

正直どれでもいいと思った方。正解ですw

でもあとで「やってしまった!」ってことがないように、ヤフーカードの特徴や国際ブランドごとのメリットとデメリットなども把握しておきましょう。

JCBブランドは白色の箔押しになるのがかっこいいですね

ヤフーカードの特徴と注意点

ヤフーカードを作る前にそのメリットやデメリットについても把握しておきましょう!

何と言ってもYahoo!経済圏で強い!

ヤフーショッピングやLOHACOは当然、paypayモールやpaypayフリマやヤフオクなどでもヤフーカードを使って決済すると通常の100円で1ポイントのTポイントだけでなく、さらに追加でポイントが付与されます。

キャンペーンが行われている時などは最大で20%還元でポイントがもらえたこともあります。

同じ商品でも楽天やAmazonよりも格段にお得に手に入れたこともかなりありますよ!

ネット通販するときに必ず

「楽天・Amazon・Yahoo!ショッピング」と同じ商品を見て回るモチみたいにちょっとでも得したい方はYahoo!ショッピングに安い商品があるときには絶対に必要なカードです。

モバイルSuicaやkyashチャージでポイント2重取り(kyashはVISAかmaster限定)

ヤフーカードはモバイルSuicaへのチャージでもポイントが付与される数少ないカードです。

ビューカード以外のクレジットカードではポイントがつきにくいモバイルSuicaですが、ヤフーカードは100円で1ポイントのTポイントが付与されるのでお得ですよね。

他にもKyashなどのプリペイドカードへのチャージでもポイントが付くのも魅力です。

ヤフーカード全般にタッチ決済はまだ未対応

最近は新しいカードには当然のように搭載されているタッチレス決済の機能はヤフーカードはまだありません。

なのでローソンやセブンイレブンで利用できるようになったVISAタッチなどのコンタクトレス決済はカードではなくスマホで行う(QUICPayやiD決済)ことになります

Googlepay未対応

ヤフーカードの大きなデメリットとしてあげられるのがGooglepayに対応していないという部分です。

アンドロイドスマホユーザーにとっては大きな問題で、ヤフーカードをスマホに入れることができないので使うのであればPayPayにチャージをして利用するという方法を取らなければスマホ決済ができません。

iPhoneは問題なく対応しているのでスマホでのQUICPay決済も簡単に利用可能です。

それでは各国際ブランドごとのメリットとデメリットを見ていきましょう。

VISAの特徴とメリットとデメリット

ヤフーカードの公式サイトのトップページ画像でも券面はVISAブランドのカードになっていますよね。

一番メジャーだし、正直VISAで困ることはほとんどありません。

これからヤフーカードをメインにPayPayチャージ以外にもガンガン使ってポイントを貯めまくろう!と思っているのであればどこでも利用でき、電子マネーやQRコード決済やプリペイドカードにもチャージしやすいVISAブランドがいいでしょう。

もちろん海外旅行での利用もVISAであれば困ることは少ないでしょう。

デメリットがあるとすれば、今持っているクレジットカードがVISAだらけでマスターカードやJCBの特典が受けたいな!って時に指をくわえて見てるだけになってしまう事ぐらいかもしれません。

MasterCardの特徴とメリットとデメリット

MasterCardブランドのヤフーカードもVISAと同じように国内や海外でクレジットカードが利用できる場所であればほとんど決済可能なので困ることはないでしょう。

MasterCardの大きな特徴といえば、コストコでの買い物で使えるということです!

マスターカードブランド以外はコストコでは決済できないので、現金で支払いをしなければいけませんが、現在唯一マスターカードブランドのクレカだけはコストコで使えるし、ポイントも貯まります。

デメリットはVISA同様にほとんどないですが、オリンピックのチケット決済にはVISAだけ!とか特殊な時に使えない場合もでてきますがほとんど影響ないでしょう。

JCBの特徴とメリットとデメリット

トラベル&エンターテイメントを主軸にしているJCBでは決済カードと言われるVISA/Masterブランドとは違うメリットがあります。

一番はディズニーチケットや宿泊関連のキャンペーンがあったり、国内や海外各所にあるJCBラウンジサービスなどを受ける事ができます。

海外ではハワイや台湾など有名観光地でもJCBブランドカードを持ているだけで受ける事ができるサービスもあります

以前nanacoへのチャージでポイントがついていましたが、2020年4月からはJCBブランドカードからのチャージでも一切付かなくなったので、この有利性は消えました。残念。

デメリットはたまにJCBが使えないお店があったりQRコード決済にチャージできない事があるなど挙げられます。

モチのオススメはVISAかmaster

ではどの国際ブランドにすればいいのか?ということですが、モチは断然VISAかMasterCardをお勧めします。

各ブランドごとのデメリットを挙げましたがVISAとMasterCardはデメリットがほぼありません。

「なんだよこれ使えないわー!」って思いをすることが無いです。

条件付きでJCB(セカンドカードなら)

JCBにする場合はすでにVISAブランドのクレジットカードを持っていて、そのカードがメインカードであるという場合です。

ヤフーカードをサブカードとして利用すると初めから決めており、PayPayチャージしか使わないよ!という方はJCBがいいでしょう。

JCBブランドでの特典を受けることができるし、メインのVISAカードをお持ちであれば困ることもないですもんね。

国際ブランドの変更はできるのか

ヤフーカードを発行した後に「これちょっと国際ブランド変更したい」と思かもしれません。その時はどうなるのでしょう。

恐れ入りますが、国際ブランド(Visa、Mastercard、JCB)の変更はできません。
お手数ですが、カード解約後、再度お申し込みをお願いします。
なお、再度申し込みをする際は、新規入会と同様の審査があります。あらかじめご了承ください。

また、家族カードの国際ブランドも変更できません。
本会員カードを解約後、再度お申込みをお願いします。
※家族カードは本会員と同じブランドで発行いたします。

国際ブランド変更は解約後の再度入会となり面倒臭い手続きがまた発生します。

できることなら変更しないでいいように選びましょう。

ヤフーカードのお得な申し込み方法

ヤフーカードをキャンペーン開催中に申し込むのがお得です!

過去には1万円分のポイントバックキャンペーンなどが開催されていましたが現在は残念ながら終了しています。

キャンペーンを公式サイトから確認してください

ヤフーカードキャンペーンページ

paypayチャージやヤフーショッピングやLOHACOは当然、paypayモールやpaypayフリマで買い物する機会が多い方は年会費無料のヤフーカード持っていて損することはないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました