【マニア利用口コミ】JCBゴールドとアメックスグリーンを徹底比較!嘘なし

年会費1万円程度でサービスやベネフィットのいいクレジットカードを申し込もう!という時に「JCBゴールドカードかアメックスグリーンカードのどちらにしようかな?」と悩まれる方多いと思います。

モチ(@mochinet1)自身は最初にJCBゴールドカードを申し込み、現在はJCBザクラスを取得しているですが、申し込み当時は友人がアメックスを持っており、ただの対抗心でJCBを申し込んだというのが大きな要因です。その友人も今はアメックスプラチナを保有しております。

当時友人がJCBを持っていたなら僕はアメックスに申し込みをしていたでしょう(笑)

それくらい最初は何もわかっていませんでした。

今回はJCBゴールドからクレジットカードを使い倒している僕と、友人もアメックスを使い倒していることから今までの体験や色々と情報をかき集めてみました。

先も見据えてJCBゴールドカードとアメックスグリーンカードの比較をしていきたいと思います。

これからどちらのカードの申し込みをしたらいいかなー?と悩んでいる方の助けになれば最高です。

読むのがめんどくさい方は動画にもしているのでどうぞ。

記事を読んでいただけるなら進んでもらえるとモチは小躍りしますw

スポンサーリンク

JCBゴールドとアメックスグリーン2枚持つのは?

そんなのどっちも申し込めばいいじゃん!という意見もあるかと思います。

ですが、JCBとアメックスはどちらもトラベル&エンターテイメント色を強く打ち出したカードで、サービス内容が似通っている部分がありますし、何と言っても年会費1万円のクレジットカードを2枚同時に持つことは経済的にも負担がかかりますよね。

まずはどちらか1枚を選択してから、後々欲しくなればその時に2枚目を申し込むのがいいと思います。

正直モチもJCBとアメックスの2枚持ちに関しては「意味ないよね」というのが正直な意見です。

券面比較

券面デザインでカードを選ばれる方って結構多いんです!

JCBは3種類から選ぶことが可能です(富士山カードもあるので4種類)

JCBゴールド

JCBゴールドカード券面

一般的なゴールドカードで発行枚数が一番多いデザインがこの枯山水のイメージした券面です。

JCBゴールドカードWEB申し込み専用券面

こちらはWEB申し込み専用券面でシンプルなゴールド色でJCBのロゴマークも白一色となってます。

JCBゴールドカードディズニー券面

ディズニー券面でミッキーマウスが可愛いですよね。こちらは即日発送は対応していませんが、ディズニーメインで利用する方にとってはテンションが上がるのではないでしょうか。

アメックスグリーン

緑のカード!といえばこれですよね

アメックスグリーン

ほかのクレジットカードと違い一目でアメックス!と分かるこのデザインは根強い人気がありますよね。

これは1ドル札の色をモチーフにしてるらしいです。

財布の中でもすぐに見つけることができますし、真ん中のセンチュリオンが歴史を物語っているように感じます。

JCBゴールドとアメックスグリーンの比較表

まずはカード自体の概要比較です。ここはスッ飛ばしてもらっても結構です(笑)

カード名JCBゴールドカードアメックスグリーン
申し込み対象20才以上で安定収入がある方20才以上で安定収入がある方
年会費税込11,000円税込13,200円
家族カード一人目:無料
二人目以降:1,100円
1枚発行:6,000円
ETCカード無料発行
年会費無料
新規発行(935円)
年会費無料
電子マネー対応QUICPayQUICPay
旅行傷害保険海外:最高1億円(利用付帯、自動付帯は5,000万円)
国内:最高5,000万円(自動付帯)
海外:最高5,000万円(利用付帯)
国内:最高5,000万円(利用付帯)
家族特約付き
キャッシング設定枠内で可能不可
ポイント制度OkiDokiポイント
基本還元率0.5%
メンバーシップリワード
基本還元率0.3〜1.0%
利用可能枠10〜300万円個人別で設定
リボ・分割利用枠0〜100万円0〜200万円
支払日15日締め/翌10日払い19日締め/翌10日払い
3日締め/当月21日払い
7日締め/当月26日払い
国際ブランドJCBAMEX

となってます。

カード取得にかかる費用比較

クレジットカードを利用する時にかかる基本的な料金の比較です。年会費1万円程度の両カードですが細かく見ると違いが出てきます。

年会費

JCBゴールドの年会費はネット申し込みで初年度無料、2年目以降は税込11,000円となっています。

対するアメックスグリーンはネット申し込みでも初年度から税込13,200円が発生します。

特典として最高10,000ポイント獲得のボーナスサービスがありますが3ヶ月間で30万円ほど決済する必要があります。

家族カード発行費用

JCBは1枚目の家族カードは無料発行です。奥さんの分はタダですね。

2枚目から税込1,100円が必要です。

対するアメックスグリーンは最初の1枚目から税込6,600円が必要です。

家族で利用する時には少し負担がかかりますね。

ETCカード

JCBはETCカード発行も年会費も完全無料です。でもデザインは超絶ダサいですw

アメックスはETCカードの新規発行は935円が必要です。年会費はかかりませんのでイニシャルコストだけ必要になります。

年会費系まとめ

クレジットカードと家族カード1枚、ETCカード1枚を発行した場合を比べると

  • JCBゴールド・・・税込11,000円
  • アメックスグリーン・・・税込20,735円

結構な金額差になることがわかります。

できるだけ経費を抑えたいのであればJCBゴールドですが、それ以外のサービスなどもみていきましょう!

ポイント比較!

どちらのカードも利用すればポイントが付与されます。

JCBゴールドはOkiDokiポイント、アメックスはメンバーシップリワードと呼ばれています。

まずはポイントの付与や還元率や実際の利用方法などをチェック!

JCBゴールドのポイント

JCBゴールドカードでは1000円利用ごとに1ポイントが付与されます。

毎月締め日に合計のポイント対象の全ての決済額に対してポイントが付与されるので、990円のお買い物でも無駄になることはありません。

では1ポイントはどれだけの価値があるのか!?

OkiDokiポイントは1ポイント3円〜最高6円の価値があります。

ポイントの利用方法で変わりますが、モチの利用しているJCBプレモカードにチャージして使うと1ポイント5円で好きなものを購入することが可能です。

OkiDokiポイントの有効期限を10年延長する方法!【JCBカードポイントお得利用】 - JCBブラックカードが欲しい!
クレジットカードのポイントって知らないうちに有効期限が切れて失効!なんてもったいないことになっていませんか? モチ(@mochinet1)は結構気にする方なので、期限切れ前に使ってしまうか、切れる寸前に違うポイントに完全

JCBゴールドカードのポイント有効期限は3年間となっています。

Amazonやセブンイレブンの利用では常時ポイントアップ提携店なのでお得ですよ。

アメックスグリーンのポイント

アメックスでは100円のカード利用で1ポイントが付与されます。

特殊なのはメンバーシップリワードプラス(年間3,300円)というアメックス独自のシステムがありこれに登録するとポイント有効期限が無期限になり、さらにボーナスポイントプログラム登録で通常の3倍のポイントがもらえたりします!

グリーンカードで毎月3万円以上決済する予定であれば、メンバーシップリワードプラスはお得ですよ。

貯めたポイントの価値は幅広く1ポイント0.3〜1円の価値があります。

お得な利用方法は航空会社へのマイル交換です。メンバーシップリワードプラス加入していれば交換率がよく1000ポイント1000マイルで交換可能です。

ポイントをマイルに交換したいのであればアメックスの方がお得です。

マイル交換かアメックストラベルオンラインなどの旅行サイトでポイント1ポイント一円で利用可能なので旅行に必ず行く!という方はお得にポイントを消費することができます。

アメックスのポイント特典

貯めたポイントだけでしか参加できないイベントがあります!

過去にはUSJや清水寺や醍醐寺などの特別イベント参加がポイント利用で可能になります。

ポイント比較のまとめ

正直にいうとどちらのカードもポイントをたくさん貯めたい!ということでは選ばれる事のないカードです。

ポイント重視であれば楽天カードや他にお得なカードはたくさんあります。

ポイント以外でも安心感や大きなメリット、ラグジュアリーな経験などがあるからこのカードが欲しい!という方にオススメです。

JCBゴールドとアメックスグリーンのポイント比較においては大きな差はなく、普段どこでカード利用するかで選ぶのもいいかもしれません。

スタバや昭和シェルをよく利用するなら断然JCBですし、決まった店舗利用が少ないならアメックス、とポイント獲得や還元率での大きな差はほとんど感じられません。

決済方法比較

最近はクレジットカードによって決済できる方法が様々増えましたよね。

スマホ決済やQRコードへの対応、タッチ決済などについて見ていきます。

スマホ決済

JCBゴールドカードもアメックスもどちらもQUICPayが利用可能で、iPhoneのiOSとアンドロイド端末どちらでも利用可能です。

カードを持ち歩かなくてもスマホだけあればQUICPayが使える店舗で決済できます。

ですが少し気になる点があります!

アメックスグリーンカードをQUICPayのスマホ決済で利用すると利用明細に利用店舗名が表示されずにQUICPay利用と出てしまうのです。

あとで請求書を見返したときにQUICPay利用ではどのお店で決済したかがわかりにくいのです。

JCBゴールドではQUICPay利用でもしっかりと利用店舗名が表示されます。

QUICPayはJCBの決済方法なのでその辺りに違いがあのでしょうか。

アメックスユーザーにとってはこの明細表示はかなり不便で、QUICPayではなく従来通りにクレジットカードを渡しての決済かタッチ決済をするということが多いようです。

QRコード決済比較

これはどちらも苦手な分野です。

JCBもアメックスも国際ブランド的に対応しているQRコード決済が少ないのです。

現在確認できている利用可能なQRコード決済はこちらです。

JCB

  • d払い
  • 楽天ペイ
  • AmazonPay

アメックス

  • d払い
  • au PAY
  • 楽天ペイ
  • AmazonPay

アメックスの方がau PAYに対応している分auスマホユーザーはアメックスの方がお得かもしれません。

どちらもコード決済に関してはVISA/MasterCardに大きく遅れてしまっています。

コンタクトレス決済の比較

コンタクトレス決済では JCBとアメックスグリーンは少し違います。海外で利用することが多い方はアメックスがオススメです。

リップルマーク(wi-fiマークの横倒しのようなマーク)があるアメックスのクレジットカードは、カードを読み取り機にかざすだけで決済が完了するコンタクトレス決済(NFC決済)が利用可能で、クレジットカードをレジ横の読み取り機にかざすだけで決済が完了します。

アメックスのリップルマーク

このNFC決済のコンタクトレスは全世界で利用が拡大しており、海外旅行時でもコンビニやお店でタッチ決済が可能です。

対するJCBゴールドカードはカード単体でのコンタクトレス決済はNFC決済ではなくQUICPay決済(スマホ決済だけではなく、カード自体にQUICPayを搭載できます)となります。

日本国内では使える場所が多く便利なQUICPayですよね!

でも海外でQUICPayが使えるお店は少なく、日本国内だけでの利用システムと割り切る必要があります。

JCBは現在QUICPayをメインに押し出しているのでNFCコンタクトレス決済をカードに搭載することはできません。

海外でJCBカードをコンタクトレスで利用するにはApple Payを介する必要があります。

海外でスマホ使わずにカードをかざして支払いたい方はアメックスがいいかもしれません。

JCBとアメックス使えるないお店は?

JCBもアメックスもたまに使えないお店がある!とよく言われますが、正直言って実際に使っている僕としては

「じゃあその時はVISAカード使うわ」

で解決ですw

まぁそれでは話が進まないので、JCBとアメックスこの2国際ブランドが利用できないお店を比べてみたいと思います。

JCBとアメックスが使えないお店

この2つのクレジットカードはVISA/Masterに比べて店舗側がカード会社に支払う決済手数料が高いのは事実です。

なのでVISA/Masterは使えるけどJCB/AMEXは使えないよ、というお店があるのです。

JCBは使えるけどアメックスは使えない、逆も然りでアメックスは使えるけどJCBは使えないというお店は本当に数が少ないです。

使えない時はほぼどちらも使えませんw

例としてJCBは使えなお店を上げている記事ですが、これら店はアメックスも使えません。

支払いでJCBカードが使えないお店やネットサービス - JCBブラックカードが欲しい!
現在たくさんのお店やネットでの決済で利用ができるクレジットカードですが、JCBカードが使えないお店も存在します。 モチ(@mochinet1)自身メインでJCBを利用しているので、「あーここ使えないのかー残念」とセカンド

結果としてはJCBもアメックスも使えないお店は差がありません。

使えない時は大人しくVISA/Masterを提示してください。

申し込み時の審査比較

JCBゴールドカードの審査

一般的にJCBの審査は厳しいと言われています。

過去5年以内に支払い延滞や未払いなどの金融事故の経験がある方はなかなかカードの発行審査に通過することができません。

ですが金融事故もなく、普通に収入があり勤続年数も1年以上であればJCBゴールドカードの審査には問題なく通過することができます。

高収入や高属性などは必要なく、普通のサラリーマンや自営業者でも大丈夫です。

アメックスグリーンの審査

アメックスの審査は柔軟で独特です。

過去に金融事故を経験しているいわゆるブラックでも、現在支払い完了をしていたり、スーパーホワイトの状態でもカード審査の可決の可能性あります。

実際に他のカード会社の審査に落ちたけど、アメックスグリーンを発行してもらえた!という事例は本当にたくさんあります。

今1枚もクレジットカードを持っていない、他のカード会社では審査してもらえないかなという方はアメックスでチャレンジしてみるといい結果が得られるかもしれません。

利用限度額比較

利用限度額が大きいクレジットカードが欲しい!ということでこの2つのカードを検討されている方も多いと思います。

もちろん個人個人の年収や属性によって利用可能枠は違うのですが、一般的な視点から申し上げると、JCBゴールドカードは200万円〜300万円の枠が与えられる可能性が高いです。

JCBゴールドカードの利用可能枠(限度額)はいくら?
JCBゴールドカードを申し込もうと思っているときに 「一ヶ月のショッピングで利用できる利用可能枠(限度額)はいくらぐらいになるのだろう?」 と、気になる方。 JCBではゴールドカードの利用可能枠の公式な発表は一切行なっていませ...

対してアメックスグリーンは本当にバラバラで10万円という方がおられたら500万円まで使えるよ!なんて方もおられます。

もっと高額な方もおられるでしょう。これがアメックスの大きな特徴の一つかもしれません。

限度額の大きな違いもカード発行時の審査の違いに少なからず影響があるのでしょうね。

カードのアップグレードの比較

将来的にクレジットカードをランクアップしてプラチナやブラックカードが欲しい!という場合にJCBゴールドとアメックスグリーンではどちらがいいのか?を比べてみましょう。

JCBゴールドカードの上位カード

JCBゴールドの上位カードとしては

の3枚が存在します。

現在完全インビテーション制度を採用している数少ないカードでもあるJCBゴールドザプレミアとJCBザクラスは取得欲が湧くカードになっていますよね。

アメックスグリーンの上位カード

アメックスグリーンの上位カードとしては

  • アメックスゴールド
  • アメックスプラチナ
  • アメックスセンチュリオン(インビテーション制)

の3枚が存在します。

以前はアメックスプラチナもインビテーション制でしたが今は申し込み制に変わっています。

何と言ってもセンチュリオンカードはカード業界でも最高峰のカードということで手に入れるのは難しく、憧れのカードですよね。

実際に使って感じたJCBゴールドとアメックスグリーンの比較まとめ

正直に言いますとどちらのカードも「クレジットカードに特別なベネフィットサービスを求める!」という方向けのカードです。

ぶっちゃけちょっとカッコつけたい方向けw

決済するためだけに利用するのであれば他にもっとお得なカードはありますよね。

でも「JCBがいい!」「アメックスだろ!」というあなたは間違いなく僕と同じく変わり者です(笑)

実際に使ってみてわかったのは

「細かい違いはあれど、大きくみるとどちらも大差ないカード

と思えてしまうのです。

あくまでも僕の意見ですよ!

はっきり言えることは

JCBかアメックスどっちが好きか?

で選ぶべきだということです。

利用していて「ちょっと物足りないなー、あのカードの方がいいかもな!」なんてことはいくらでもあります。

その時に「JCBだからいっか、アメックスだから我慢してやるか」と思えるかどうかです。

それを踏まえて申し込みをすれば快適に使えるカードとなるはずです。

JCBゴールド公式サイト

アメックスグリーン公式サイト

どちらもトラベル&エンターテイメントカードの入門としては必要十分なレベルには達しているので、この2枚を比較しているのであれば決め手は

「あなたの好み」

になる事で間違い無いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました